About Me...

ari

Author:ari
食べることと愛犬ラウルをこよなく愛する。
SONY NEX-3N購入を機に、カメラを趣味にすべく奮闘中。(いつかは本格一眼レフを目指して...)
ほぼ食べ物と愛犬の写真ばかり撮ってます。

About Raul...

我が家のアイドルにして、彼を中心に世界(我が家)は回っている。 2003年12月21日生まれのキャバリアの男の子。 佐賀で生まれ、岐阜・群馬などのペットショップを転々とした後、福岡の私たちに呼ばれて出会う。 飼い主に似て食べること命!

Ranking

クリックしてくれたら私とラウルが喜びます。

Article

Comment

Calendar

Archive

Category

Link

QRcode

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難所・仮設住宅へのペット同伴についてのお願い!

2011.03.20 22:16|日々のつぶやき
今回の地震で被災した動物たちのことが気がかりでしょうがありません。
どんなに辛く悲しい思いをしているだろう・・・


1匹でも多く、そんな悲しい思いをしているペットたちを助けられるように
以下の署名活動・ブログなどへの転載よろしくお願いします!




******************************************************


   =以下 転記します=


【至急】避難所、仮設住宅をペット同伴可能にする署名お願い致しします。
ポチたまの松本秀樹さんが、
避難所や仮設住宅のせめて一部でもペット同伴可になるよう 、
環境省宛てに署名活動を始めています。


 以下転載 

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』
環境大臣 殿

【 趣 旨 】
私達は、災害時における愛玩動物と
その飼養管理者(飼い主家族)の双方における、
精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、
避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを
要望します。

1.避難所について

愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの
25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを
25パーセント確保することを要望します。

2.仮設住宅について

愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、
25パーセント確保することを要望します。

3.災害時の愛玩動物への給餌・給水

災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを
要望します。

4.災害時の愛玩動物の健康維持について

A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を
要請することを要望します。

B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、
保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、
その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、
預かりを公示することを要望します。


以上の要望に対しご賛同いただけました方は、指定の署名用紙にて、
署名活動にご協力頂きます事を、心よりお願い申し上げます。

 以上転載 

阪神淡路大震災の時もこれで可能になったそうです

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

↑から署名用紙をダウンロードし
原本を郵送してください。

一万人になったら環境省に提出するようです。
少しでも早く不安がなくなるよう、
少しでも早く皆さんのの力が必要です。

         

少しでも多くの笑顔が増えますように。

少しでも多くの方の目に留まるよう転載お願いします!

*********************************************************


早速私も署名して送ります。
自分でもできる小さなことから救える命があると信じています。









にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

コメント

応援

良い情報を提供してくださって、ありがとうございます。私も早速ダウンロードしたり知り合いに知らせています。人命第一の中、ペットは後回しにされています。でもあんなに大変な悲しみを受けてしまった方々を癒してくれるのは、家族であるペットだと思います。それぞれの立場で被災者の方々を応援させてもらいたいですね。

>小雪ママさま

そうですよね。
もし自分がその立場だったら・・・と考えると、ラウルと離れて避難所生活を送るなんて辛くてしょうがありません。自分もだし、ペット自身も悲しいだろう。
大切なペットがいる人はみんな同じ気持ちですよね。

この要望が認められて、これ以上悲しい思いをするペットがいなくなることを祈ります。
遠い地域の私たちでもできること、がんばりたいですね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。