About Me...

ari

Author:ari
食べることと愛犬ラウルをこよなく愛する。
SONY NEX-3N購入を機に、カメラを趣味にすべく奮闘中。(いつかは本格一眼レフを目指して...)
ほぼ食べ物と愛犬の写真ばかり撮ってます。

About Raul...

我が家のアイドルにして、彼を中心に世界(我が家)は回っている。 2003年12月21日生まれのキャバリアの男の子。 佐賀で生まれ、岐阜・群馬などのペットショップを転々とした後、福岡の私たちに呼ばれて出会う。 飼い主に似て食べること命!

Ranking

クリックしてくれたら私とラウルが喜びます。

Article

Comment

Calendar

Archive

Category

Link

QRcode

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なれそめ。

2011.06.03 23:07|愛犬ラウル
今更ですが。
ラウルとの出会いについて書きます。


P1020759_convert_20110603103408.jpg
ひ~ 生首ぃ!







前に飼っていたわんこが亡くなってから6年近く。
それから新たなわんこを迎えることなかった我が家。


最初のうちは「まだ新しい子なんて・・・」って感じだったけど
数年経って、動物好きの妹はまた飼いたいようだった。
両親も賛成していたけど、私だけがずっと反対してた。


動物を飼うと、いろいろ心配や不安が増える。別れも辛い。
それに、その頃の私は今では考えられないけど、特別犬好きではなかった。
(普通にかわいいとは思ってたけどね)


P1020753_convert_20110603103232.jpg
おしり!落ちそう。





でも時が経ち・・・妹の熱意にも負け・・・
「飼ってもいいかな。妹の犬になるわけだし」と思い始めた。
妹は大型犬が飼いたかったようだけど、「絶対小型犬がいい!」と私。
じゃあ、もし買うときが来たら妹が小型犬の中で一番好きな“キャバリア”にしようということに。
(このときの私はキャバリアなんてあまり知らなかった)


そんな時、わりと近所に新しいペットショップがオープンした。
そして折込チラシにはキャバリアが載ってた。


オープン初日に妹と二人でペットショップへ。
でも、もうキャバリアは売れてしまって居なかった。
店員さんに聞くと『取り寄せ』が出来るとのこと。
なので、取り寄せをお願いして、その日は帰宅した。


そして数日後「キャバリアが来たので見に来てください」との電話が。
急いで二人で見に行った。
でも、この時点での私の心境は特に「キャー!犬がくるー!」なんていう
浮かれた気持ちではなかった。
以前ほどではないけど、「犬か・・・別にいいけど」くらいの気持ちだったと思う。


P1020756_convert_20110603103322.jpg





ペットショップに到着し、消毒してエプロン付けて準備。
すると少し遠くのスタッフ入り口から店員さんが小さな子犬を抱いて出てきた。


「かわいい!!!」
そう最初に叫んだのは、妹じゃなくて私だった。
一瞬でその子犬に心を奪われてた。


抱っこすると、全体重をこちらに任せてじーっとしている子犬。
「こんなにおとなしくて大丈夫かな?」と思うほどだった。
(後に、猫かぶりだったことが判明する)


聞くと、佐賀で生まれて群馬・岐阜(確か名古屋も?)のペットショップを
転々としてきたらしい。
その原因かどうかは分からないけど、
店員さんが気になる点を話し出した。


ひとつはツムジが2ヶ所あること。(そんなの無問題!)
もうひとつは、ちょっと出ベソなこと。
もしかしたら将来、出ベソがもっと大きくなって病気になる可能性があるかもしれないとのこと。


当時、動物病院に勤めていた妹はその場で先生に電話して相談。
数十分いろいろ相談して、話し合って・・・


私たちはこの子を我が家に迎えることを決めた!





PIC_0153.jpgPIC_0154.jpgPIC_0156.jpg
我が家に来た初日のラウル☆





引渡しの前に、シャンプーしてきれいにしてもらってるラウルを見ながら
とっても嬉しくて愛おしい気持ちになった。


家に帰る車の中。
助手席に座る私の膝の上で、心配になるほど微動だにせず座っていたラウル。
2日後、やんちゃ放題の暴れん坊将軍だということが判明した(笑)









ランキング参加中!
クリック↓していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

次回の「今更シリーズ」(笑)はラウルの名前の由来をお届けしまーす♪

コメント

そうだったんですね~♪ 私もキャバリエ??キャバリア??みたいな感じでしたw うちも妹が飼いたいって言って犬飼うことになったんですけど、ここまで犬にハマるとは!!というかキャバにはまりすぎですww それだけキャバは魅力的ですよね!!!
riaさんのお気持ちめっちゃわかりますー!! そして、妹さん、わかってますねwww
ラウルん、素敵な家族と出会えて転々としたカイがありましたね~♪
パピーのラウルさんかわゆすー!!!

そっか~☆
ズキュン☆とやられてしまった訳ですね~♪
かわいいなぁ~パピーのラウルちゃん(^^)

”パピーはみんなかわいいけど・・・キャバリアパピーはたまらなくカワイイな~”と
お世話になっている獣医さんが言っておりました。。。
もうriaさんもメロメロですネ♪

seicoroさんへ。

今の私しか知らない人(職場の人とか)に、昔は今ほど犬好きじゃなかったって話すと
びっくりされます。
てか、自分でも驚いてる(笑)
ラウルと暮らすようになってから、犬だけじゃなく動物全体への愛が異常になりました(笑)

あの時、ペットショップでまだキャバリアが売れてなかったら
ラウルと出会うこともなかったのかなー?と思うと、不思議な感じ。
私がラウルと出会ったのも、seicoroさんがもちゃちゃん&トフィーくんと出会ったのも
きっと運命なんでしょうね~♪

makomikanさんへ。

ラウルを迎えたころはデジカメを持ってなくて
あまり写真がないのがすごく残念なんですi-238
あっっっというまに大きくなったからなぁi-230

獣医さんがそう言うなんて、すごい!
キャバリアの子犬、ほんとかわいいですもんね~♪まさに天使♪

庶民の我が家と子犬ラウルの天使っぷりが、どうしてもアンバランスで
可笑しかった覚えがあります(笑)
「ごめんね~、洋風のオシャレな家じゃなくてi-229」って(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。