About Me...

ari

Author:ari
食べることと愛犬ラウルをこよなく愛する。
SONY NEX-3N購入を機に、カメラを趣味にすべく奮闘中。(いつかは本格一眼レフを目指して...)
ほぼ食べ物と愛犬の写真ばかり撮ってます。

About Raul...

我が家のアイドルにして、彼を中心に世界(我が家)は回っている。 2003年12月21日生まれのキャバリアの男の子。 佐賀で生まれ、岐阜・群馬などのペットショップを転々とした後、福岡の私たちに呼ばれて出会う。 飼い主に似て食べること命!

Ranking

クリックしてくれたら私とラウルが喜びます。

Article

Comment

Calendar

Archive

Category

Link

QRcode

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一年の出来事。

2013.07.04 12:00|愛犬ラウル



今日は、この一年の間にラウルに起こった出来事について書くことにしました。


正直、書こうか迷ったけど、“記録として”という意味もあるし
もう、書くなら今でしょって思って。


長文で、読みづらいかと思いますが
よかったらお付き合いください。












ちょうど今から一年前。
動物病院の先生に、膀胱がんの疑いがあると言われました。


エコーで見た膀胱の中に、デキモノのような影が見える、と。
腫瘍か?それとも一年前の手術(の縫合の糸)の跡か?って感じだったんだけど
一年前の糸が未だに消えてないってことは考えにくい(膀胱がん説濃厚)とのことで
専門機関に細胞を送って検査してもらうことになりました。







結果が出るまでの数日間。
色々調べて、不安が募るばかりでした。


「膀胱にできる腫瘍はほぼ悪性」 とか

「手術は大変難しく、腫瘍の切除は不可能」 とか

「手術しなかったら、いずれ(近いうちに)排尿不可能になる」とか

「膀胱がんになったら余命は数か月」 とか


先生に聞いたことも、ネットで調べたことも
ネガティブな情報ばかり。。。
(本当に詳しいことは分かりません。上記のことももしかしたら間違っていることもあるかもしれないです)







この数日間は、本当に辛い日々でした。
誰かに言ったら本当になりそうで、誰にも言えなかったし
家族間でも、あまりこのことに触れないようにしてた感じもあった。
もちろんブログにもこのことは書けずに、
関係ないこと書いて気を紛らわしたり、過去ネタ引っ張ってきたりしてました。


このことについて考えたり、今はとても元気なラウルを見ると幾度となく涙が溢れそうになったけど
一度泣いたら止まらなくなると思って、毎回飲み込んでた。









そんな日々が数日続いたある日、仕事の休憩中。
携帯を見ると、普段滅多に無い父からのメールが来ていました。


「お知らせします。ラウルは癌ではありませんでした。」


たった3行の短いメールでしたが、読んだ瞬間、本当に奇跡が起こったって思った。


すぐに自宅に電話して詳細を聞くと
「癌細胞は見つからなかった。ということはきっと手術の糸の跡なんでしょう。」
一刻も早く教えてあげたいと思った先生が、電話してくれたそう。


それを聞いて、本当に心の底から安心した。。。
不安・緊張の糸が切れて、泣きながら職場に戻ってきた(休憩から)私を見た同僚がびっくりしてました
そして初めて、この一件について家族以外の人にこの話をすることができました。







P1080506 (350x466)
裏の家が気になる~             写真と本文は無関係です。







そうして安心したのもつかの間。


膀胱がん騒動からどのくらい後かははっきり覚えてないんだけど、
手術糸だと思っていたデキモノが、コロコロ膀胱の中を転がりだした。
癌の疑いがなくなったのは良かったけど、今度は結石の疑いが出てきた・・・







尿そのものの状態は良く、その石?のせいで問題はまだ出てないし
それが石なのか?手術糸に細胞が付着して石のように見えているのか?・・・など
その石のように見えるものの正体は、開けてみないと分からないそう。


でも、そもそも、石ができるタイミングが分からなかった。
この約二年の間、ずっと手作りごはんをあげてたんだけど
過去二度、ラウルにできた結石(シュウ酸カルシウム結石)ができる環境とは
全く逆の状態に尿のpH(アルカリ性)を持って行ってたから
同じ石の再発は考えにくい・・・








石の正体がはっきりしないまま、こまめなエコー検査で石をチェックすること約9か月。
ついに先生が

「この石はストラバイトと断言します」

と言いました。


ストラバイトはシュウ酸カルシウムと違って、あまり大きくなっていなければ
食事療法で溶かすことができる結石。
でも、もしストラバイトの周りをカルシウムが覆っていたら
カルシウムが邪魔をして、溶かすことはできない。







でも、やれることはやってみないと・・・ということで
実はここ二か月、ラウルは療法食のドッグフードを食べていました


手作りごはんに慣れたラウルがドッグフード食べるかなぁと心配してたけど
喜んで食べてました。(手作りごはんの時のように飛び跳ねては喜ばないけど)


でもこのフード。
ストラバイトの石を溶かす=尿を酸性にする という働きがあるんですね。
でもラウルは元々、シュウ酸カルシウム結石が出来やすい体質。
尿が酸性になる=ストラバイトは消えても、逆にシュウ酸カルシウム結石ができるかも・・・
という大きな不安があるわけで。
シュウ酸カルシウム結石は、手術するしか取り除く方法がないので、やっかいなのです。


でも、石が溶けることを信じて・・・
二か月間続けてきました。







そして先日、病院でエコー検査。
溶けていなくとも、小さくなってることを期待していたのですが
結果、状況は変わりませんでした


エコーは不鮮明な画像なので、数ミリ単位の変化はよく分からないようですが
(その時によって見え方も違うため)
小さくなっていることは無い様子・・・
やっぱり、周りをカルシウムが覆っているのかもしれない、との事でした。


先生は、できればこのまま療法食を続けることを薦めていたようですが
上記の通り、これからもずっと尿を酸性にし続けるのは怖いし
やっぱり手作りごはんに戻すことにしました。







幸い、今のところ尿の状態は良いので、すぐに手術で石を取り除く事は考えていません。
が、もし尿に少しでも血が混じるようなことがあれば、即手術になるでしょう。
これからは今まで以上に尿の状態に気を配って、石とうまく共存していく感じになります。


手術はできるだけ避けたい・・・!!石よ、どうか悪さしないで!と祈る日々です。







P1080507 (350x466)












そして、もう一つ。


最近ラウルの黒目が白っぽく見える時があって、気になったので
それも先生に聞いてみました。

「うん、白いね。」

即答だったそうです。(病院は妹が行きました)


白内障だそうです。
右目はまだいいけど、左目はもう初期を過ぎているとのこと。







進行を遅らせる目薬をもらってきました。
これからは毎日点眼です。


手術という手段もありますが・・・

・もし失敗してしまったら無駄に角膜を傷つけてしまうことになる。
・犬はもし目が見えなくても、人間ほど生活に重大な影響を与えるわけではない。

などの理由で、今のところは手術は考えていません。


もちろん、ずっと鮮明に見えているに越したことはないと思いますが
もう今年で10歳だし・・・多少覚悟はしていました。
犬も人間も、他の動物だって歳をとればどこかにガタが来るもんです。
ラウルがそのことでストレスを感じているならば、どうにかして原因を取り除いてあげたいと思いますが
今の時点では、なんら変わらない様子で暮らしているラウル。
目薬など、あまりラウルの負担にならないことはやりつつ、
あとは見守って行くのがいいかな、と思っています。







進行の速度は個体差があるでしょうが、
ラウルもいつか見えなくなる日が来るかもしれない。
その時は、できるだけラウルが暮らしやすく、ストレスを感じないようにしてあげたいと思います。
綺麗ごとかもしれないけど・・・私がラウルの目になれれば、と思っています。


・・・って、今はまだ全然生活に支障はないので!実際見えてるようだし。
暗く考えるのは辞めます。というか考えていません







P1080508 (350x466)












これがこの一年の間、ラウルに起こった出来事です。
だいぶ簡潔にしたつもりですが・・・長くてスミマセンでした


途中、暗くて、もしかしたら無駄に不安を煽ったりする表現があったかもしれませんし
全体的に決してHAPPYな話題ではありませんでしたが
とりあえずラウルも私も元気です!
くよくよするのは、膀胱がん騒動の時に使い切りました


自己満足ですが、こうやって書けて良かったです。
(本当だったら、石が消えて「今だから言えるけど、こんなんだったよー」っていうのが理想だったんだけどね















にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

今回はコメント欄閉じておきます。
ご心配おかけして気を遣わせてしまったらなんなんで・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。